高額塾で騙された!?そんな時は。。。 - くたばれ悪徳情報商材〜詐欺師撲滅プロジェクト〜

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグキーワード
  • No Tag
コメント(−)トラックバック(−)Edit

高額塾で騙された!?そんな時は。。。

どうも、相原です。

今日は久しぶりにレビュー以外の記事を書こうと思います。



というのが、

最近私のところに来る問い合わせで

圧倒的に多い内容があるので

その件についての考察と解決策を

私なりの説明しておく必要があると感じたからです。



その問い合わせというのが、

「騙されたので返金してもらいたいです!」

という内容のもの。。。



お気持はよくわかります。が、、、



すこし厳しいお話をしてしまうと

正直この業界こういう風に廃れてしまっているのは

”騙された側にも責任がある”ということ。



当然、騙す側が悪いのは当たり前ですが、

やはり騙される側も騙される側で

すこしは考えていただきたいというのが本音です^^;



「寝てても100万円」

「たった◯クリックで100万円」


そんな話少し考えればわかるじゃないですか。

絶対にありえないんです。



まず大前提として、

”楽してお金を稼ぐ”という考えは捨ててください。

お金を稼ぐためには、

少なからず努力が必要です。



情報商材というのは

その努力の”コツ”を教えてくれるもので

購入した瞬間から億万長者になれるものではありません。

これはしっかりと頭に入れておいてもらいたいです。



と、偉そうなことを言っていますが、

私自身も騙されてから初めてこのことに気付かされました。



しかし、気づいた頃にはもう遅い。。。

お金が返ってくる可能性は極めて低いんです。

いや、低”かった”んです。




というのが、

私が詐欺被害絶好調(笑)の時は

この業界はあまり大きくなく、

知名度も低かったために

消費者センターはもちろん

弁護士さんですら門前払いの状態でした。



しかし、今はどうでしょう?

良いか悪いか

あの有名な与◯翼さんのお陰で

この業界の知名度は一気に上がり

それにともなって被害者も続出したものの

返金に対応してくれる弁護士さんも

まだまだ少ないですが現れました。



なので

「安心してどんどん騙されましょう!」

と言っているのではなくて

1度騙された【経験】というのは

あなたにとって大きな気づきを与えてくれたはずです。



ですから、その教訓はしっかりと頭に入れておいて

今後のビジネス展開につなげていった頂きたいです。



そのための勉強代として

いくら払ったかはわかりません

3千円の人もいれば100万円近い人もいるでしょう。

しかし、それは決して無駄ではないということを

わかっていただきたいです。



ただ、あまりにも高すぎる勉強代に関しては

今の充実しつつある機関を使って

取り返すこともオススメします。




その際に利用すべき機関はこちら。

有限責任事業組合日本消費者サポート



この期間は情報商材を主に扱って

返金活動や交渉などを行っています。

実際に1度責任者の方とお会いして

お話させていただきましたが、

ほんとに信頼できる方でした。



過去の実績等も伺いましたが

今まで門前払いされていた様な案件でも

かなりの高確率で返金に成功しているようです。




詳しい仕組みに関しては、

有限責任事業組合日本消費者サポート

依頼の案件に適した弁護士さん

販売者への交渉

という流れになっています。



例えば、

FXの案件ならこの弁護士さん

アフィリならこの弁護士さん

転売ならこの弁護士さん

というように案件別に

返金の可能性が高いところへと誘導してくれています。



登録方法は

ページのフォームより

詳しい被害の状況を記入して送信。

その後

紹介された先生の方へ連絡

この流れをスムーズに行えるようになっています。



しかも、

ほとんどの案件が

有限責任事業組合日本消費者サポートを通すことで

本来かかる着手金が無料になるんです。




もし、過去に詐欺被害に遭われているのであれば

1度相談してみる事をオススメ致します。


有限責任事業組合日本消費者サポート


スポンサーサイト

コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © くたばれ悪徳情報商材〜詐欺師撲滅プロジェクト〜 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。